腹筋トレーニングは回数から「質」の時代に!「そる腹筋」でくびれた6パックに!

腹筋トレーニングは回数から「質」の時代に!「そる腹筋」でくびれた6パックに!
Pocket

ダイエッターの新しい常識!

ぽっこり腹は、 “そる腹筋”でペタンコです!
腹部の筋肉は、トレーニングの頻度から「質」の時代へ!

筋力トレーニング=ハード、このネガティブなイメージを変えるのが、「反るだけでできる腹筋革命」です。

効果がわかりやすいのが、腹部のダイエットです、

腹筋で腹部周りを支えることができれば、このお腹ポッコリはそれほど目立たなくなります。

腹筋トレーニングを通して、あなたのお腹の筋肉を内から外からトレーニングしていきましょう。

◆腹筋は、収縮より伸ばしましょう

伝統的な腹筋運動は「腹筋を縮める」ことです。
腹筋運動は、寝転んで上半身を立ち上げる方法です。

しかし、解剖学的には、筋肉の硬直性の観点から見ても、腹筋は収縮力よりはるかに大きく伸びる力が強いのです。

縮める腹筋は、腹筋を収縮させ背筋を伸ばすため、腹筋の本来の役割とは逆に使用されます。

伝統的な腹筋運動は、非合理的なトレーニングなので、疲れてる割には、効果が期待できません

◆腹筋運動「そる腹筋」

そる腹筋のルール

1日に何回やっても!

終了後、すぐに「お腹が引き上がった姿勢」を5分以上続けます。

心と体がアクティブモードになるので、就寝前には実行しないでください

<ステップ1>

つま先を持ち上げます

足を大きく開いて平行に立ちます。つま先を回して床から浮かせます。

※かかとで重心が感じられる場合は直してください。

<ステップ2>

両手を頭の後ろで組みます

親指は、組まずに下にして、首筋に添えるようにしてください。

首がストレスを受けないように両手で支え、息を吐きながら頭を持ち上げます。

<ステップ3>

上半身をそらす

吸っている間、上半身を後ろに曲げ、保ちながら2回呼吸を繰り返します。

※膝を曲げた場合、骨盤が前に出て腰がそり、腰痛が起こります!

<ステップ4>

元の姿勢に戻す

息を吐きながら元の姿勢に戻る。ステップ2〜4を5回繰り返します。 (一度でもOK)

腹筋を分割するために必要な3つのポイント

筋力トレーニングだけでは、腹筋は割れない

腹部の筋肉を3パックや6パックにしたいならば、腹部の筋肉を集中的に訓練するより、体全体を運動させる筋力トレーニングがより効果的です。

腹筋のトレーニング器具は、意味をなさない

腹筋トレーニング器具の使用と単純なスクワットや腹筋とを比較する研究があり、その結果、腹筋トレーニング器具は、あまり意味がないことがわかっています。

食欲を我慢するのは難しい

腹筋を3パックや6パックに割るためには、カロリーを制限し、お腹の脂肪を取り除く必要があります。

しかし、食欲に対抗してダイエットするのは難しいので、摂取カロリーを自然に減らす方法を検討する必要があります。

腹部の腹筋割をめざすなら、プチ断食!

それが、プチ断食なんです。

腹部の筋肉をくびれさせ、3パックや6パックに割りたいならば、プチ断食も検討しましょう。

未分類カテゴリの最新記事