コレステロール予防の最大の敵は、悪玉コレステロール!

コレステロール予防の最大の敵は、悪玉コレステロール!
Pocket

メタボ予防の敵は、悪玉コレステロール

悪玉コレステロールは、メタボリックシンドロームを予防する上で最大の敵と言えるでしょう。
悪玉コレステロールが血中に豊富にあると、高血圧、高血糖、高脂血症を引き起こします。
血液が、サラサラやドロドロなどと表現されますが、そのドロドロな血液の症状がまさに「メタボリックシンドローム」と呼ばれていると言っても過言ではありません。
つまり、メタボリックシンドロームを予防するためには、悪玉コレステロールを増加させないことが重要です。

悪玉コレステロールを減らすには?

それで、具体的には、どのようにして我々は悪玉コレステロールを減らすことができるのでしょうか?
やはり、一番効果的なのは食事です。

悪玉コレステロールに対抗する栄養素

体内で悪玉コレステロールを生成しないようにするには、ベータカロチン、ビタミンC、ビタミンEなどの栄養素を必要最低限摂取することが重要です。
ベータカロチン、ビタミンC、ビタミンEの栄養素は悪玉コレステロール生成のメカニズムから私たちを防ぎます。
LDLコレステロールが酸化されている状態が、悪玉コレステロールです。
ベータカロチン、ビタミンC、ビタミンEなどの栄養素は、LDLコレステロールの酸化を防ぎます。

どんな食べ物に含まれているの?

ベータカロチンが豊富な食品は、カボチャやニンジンなどの緑と黄色の野菜です。
ビタミンCは、ブロッコリーといちごです。
ビタミンCが、多く含まれる食べ物と言うとレモンというイメージがありますが、実際にはレモン以上に摂取できる食べ物がたくさんあります。
無理に酸っぱいレモンで、ビタミンCを摂取する必要はありません。

ビタミンEを多く含む食べ物

ビタミンEが豊富な食品は、小麦胚芽と植物油です。
ただし、油の取り過ぎには気を付けましょう。

これらに加えて、お茶、ワイン、青魚は悪玉コレステロールを抑えるのに良いと考えられています。
紅茶やワインに含まれるポリフェノール、青魚に含まれるDHAがコレステロール予防に効果があるようです。

メタボリックシンドロームカテゴリの最新記事