ウォーキング時の注意点

ウォーキング時の注意点
Pocket

ウォーキング始めるきっかけ

ウォーキングを長くしている人であれば、いろいろなことがわかってくるでしょう。
朝の時間帯にウォーキングをしているのであれば、人とすれ違ったら挨拶をするといったマナーも大事になってきます。
いままで顔も合わせたことがなかったような近所の人と挨拶をするといったことも、ウォーキングをきっかけとして始まるかも知れません。

ウォーキングを続けるために

ウォーキングでどのような歩き方をしようとも、気分がよくなるということが一番大事です。
もちろん、運動ですから多少の疲れはあります。
しかし、それは心地よい疲労のレベルであるべきです。
ぐったりして、次の日が起きられないというのであればやり方を見直した方がいいでしょう。
長続きさせるためにも適度な運動量を心がけましょう。

ウォーキングの効果

ウォーキングをすることで具体的にどのような効果が出るのでしょう。

ウォーキングの効果には、「脂肪燃焼」、「血流の改善」、および「病気の予防」があります。
下半身の大きな筋肉を使用することで血流が改善され、肌の状態を改善し、むくみを和らげ、低体温等の冷え性を改善することが期待できます。

さらに、歩行は「体の一部をダイエットする」よりも「全体をダイエットする」傾向があります。
つまり、ウォーキングを続けることで、余分な体脂肪は落ちるでしょう。
そして、ウォーキングを続けるならば、スッキリした体形に近づく効果を持つでしょう。

また、ウォーキングの特徴は、初心者にも負荷が軽いことです。
ウォーキングは、続けるのが簡単です。
ウォーキングは、運動初心者とダイエットを始める者のための素晴らしい運動です。

ウォーキングでストレス解消

精神的にはストレスの解消という面が大きいでしょう。
肉体的にはどうでしょうか。
有酸素運動ですから、血液の循環がよくなるとか、心臓が強くなる、内臓機能が向上するといったさまざまなよい効果があらわれるようです。
もちろん、肥満防止や美容といった面でも効果は期待できます。
有酸素運動という観点から見るのであれば、最低でも30分はウォーキングを継続することが望ましいでしょう。
途中で休みながらでいいのです。
水分を補給しながら、無理せずに30分のウォーキングができるように心掛けます。
最初は短い時間で、だんだんと延ばしていくことでもいいでしょう。
自分のペースで無理なく行ってください。

DIETカテゴリの最新記事