プロテインダイエットで使うプロテインの選び方

プロテインダイエットで使うプロテインの選び方
Pocket

プロテインダイエットに使用されるプロテインとは

プロテインダイエットに使用されるプロテインは、要するにたんぱく質のことです。
このたんぱく質は、脂質、炭水化物、タンパク質からなる3つの主要な栄養素の1つと言われています。

なぜ、プロテインを飲むべきなのでしょうか?

プロテインは、アスリートの飲み物と考えることができますが、運動しない人にとってもプロテインを摂取する価値があります。

【FIXIT DAILY BASIC 】

まず第一に、プロテインは、タンパク質のことです。

私たちの身体の筋肉、骨、歯、皮膚、血管、内臓、髪の毛など、人体の多くの部分はタンパク質でできており、代謝には毎日新しい材料(タンパク質)が必要です。

たとえ、あなたがまったく運動していなくても、毎日、脂肪がない状態の体重で、体重1 kgあたり1グラムのタンパク質が必要です。

例えば、脂肪を除いた体重が60 kgの場合、1日あたり60グラムのタンパク質が必要となります。

1日あたり60グラムののタンパク質量を食べるとなると、約6.5 gのタンパク質含有量を持つと言われるゆで卵なら、9〜10個、納豆なら7〜8パックを食べる必要があります(納豆1パックあたりのタンパク質は、約8.3gになります)。

プロテインは、多くの必須アミノ酸を含む食品でもあります。これは、私たちの毎日の食事に偏りがちな成分です。

繰り返しになりますが、タンパク質は、筋肉、内臓、肌、そして体内の髪の毛に含まれる成分です。

プロテインで食事をコントロール

タンパク質は、朝、昼、晩の3回に分けることによって、毎日必要とされる蛋白質の量を容易に取ることができる可能性が高いでしょう。

でも、栄養バランスを意識していない人々やダイエットしている人々にとって、タンパク質は、不足する傾向があります。

また、逆に、食品によってはカロリーを取りすぎる場合があるため、カロリーを減らしてタンパク質を補給するためには、プロテインが有用です。

タンパク質が不足すると、肌や髪のハリやつやの低下、筋肉量の減少、基本的な代謝率の低下、体重の増加、免疫力や集中力の低下などの肥満の原因となることがあります。

ファインスポーツの【HMBプロテイン18000】

タンパク質と食事を組み合わせることで、栄養をうまく管理しましょう。

プロテインを選ぶ

最近、さまざまな種類のプロテインが販売されていますので、ダイエットに適したプロテインを選ぶのは難しいかもしれません。

プロテインの選択は、プロテインダイエットには重要です。

プロテインを選択する1つの方法は「プロテインがどのくらいの量のタンパク質を含んでいるか」です。

パッケージが「Protein Diet」とダイエット用のプロテインとして、プロテインダイエットを宣伝する製品であっても、中にはタンパク質をほとんど含まないものもあります。

したがって、プロテインダイエット製品を選ぶときは、常に成分ラベルを確認してたんぱく質を70%以上含む製品を探すのが良いでしょう。

プロテインを選択する1つの方法は「プロテインがどのくらいの量のタンパク質を含んでいるか」です。

プロテインダイエット食品を選択する際に次に重要なのが、原材料です。

ここでは、プロテインダイエットに使用される、良いタイプのプロテインをリストアップしたいと思います。

大豆プロテイン

大豆プロテインは、優れたアミノ酸バランスを持つ食品です。

また、大豆は、腹持ちが良いので、ダイエット時のプロテインとしても有効です。

大豆プロテインのデメリットは、溶けると粉状になり、他のタンパク質と比べて飲むのが難しいところかもしれません。

飲みにくさを防ぐために少量のぬるま湯に溶かした後に水を加えるなど、飲みやすくする必要があります。

最近の大豆プロテインでは、溶けやすく改良された製品が数多くリリースされています。

プロテインダイエットには、大豆プロテイン

ホエイプロテイン

ホエイプロテインは、牛乳などの乳製品に含まれる成分の1つで、ホエイとも呼ばれます。

ヨーグルトの上澄みにできる液体はホエイ(乳清)と呼ばれ、このホエイに含まれるタンパク質がホエイプロテインです。

ホエイには、ミネラルと水溶性ビタミンも含まれています。

このホエイプロテインの良いところは、非常に良いアミノ酸バランスを持っているだけでなく、免疫システムを後押しする成分も含んでいるということです。

さらに、ホエイプロテインは、アミノ酸のBCAA(バリン、ロイシン、イソロイシン)を多く含んでいることから、運動選手など多くのアスリートによって消費されるプロテインであると言えます。

また、ホエイプロテインは、溶けやすく、美味しいので、たんぱく質を美味しく摂取するのに良い商品です。

ホエイプロテインの不利な点は、価格が他のプロテインに比べて比較的高いことです。

製品によっては、大豆プロテインと組み合わせて使用される製品や、タンパク質含有量が低い製品など、機能や価格の面で考案された製品があります。

プロテインダイエットには、ホエイプロテイン

DIETカテゴリの最新記事