ウォーキングでの正しい歩き方

ウォーキングでの正しい歩き方
Pocket

ウォーキングは基本的に足の運動になりますから、足の動かし方というものが重要になります。
変にくせのある歩き方では、疲れやすいだけではなく思ったほどの運動効果が得られないということにもなります。
正しい姿勢と正しい歩き方というものを心がけましょう。
もちろん、おおげさに言うほどむずかしいことではありません。
まず歩幅についてです。
通常の歩きに比べると歩幅を広くとります。
数字的な目安としては身長から100を引いた数字が歩幅として最適と言われています。
一度その数字で歩幅を確認してみるのもいいでしょう。
しかし、歩幅を厳密に守る必要はありません。
競技をやっているわけではありませんから、自分のペースでかまいません。
心がけたいことは、日常の歩き方ではだめだということだけです。
日常生活の中では、一般にはそれほど姿勢正しく腕を振って大股で歩くということはしないのです。
ウォーキングはその逆を意識的にやる運動だと理解して下さい。
大股で腕を振って歩くということは、最初のうちは慣れないものです。
少し続けていると慣れてきます。
疲れにくいということも感じることができます。
それでも肩がこったりするというのであれば、リラックスしていないということですね。
不必要な力を抜いて気分を静めてウォーキングを行いましょう。
焦る必要はありません。
自分のペースに合わせて少しずつ距離や時間を延ばしていきましょう。
自分で計画を立てて、長続きさせる工夫を考えることもいいでしょう。

DIETカテゴリの最新記事