カレー好きダイエッターは、スープカレーでダイエット!

カレー好きダイエッターは、スープカレーでダイエット!
Pocket

スープカレーの効果

ダイエット中にカロリーの高いカレーは禁物ですが、カレー好きな人はカレーがどうしても食べたくなることもあるでしょう。

そんな時にお勧めのメニューがスープカレーです。

市販のカレーは、ルウ自体のカロリーが高いためダイエットには不向きですが、スープカレーなら工夫次第でカロリーを抑えることができます。

作り方も簡単なため、ダイエットスープのメニューの一つにぜひ取り入れてみてはいかがでしょうか。

スープカレーの一人当たりのカロリー

まず、ダイエッターが、知りたいことはスープカレーのカロリーですよね。

皆さん、ダイエッターが、知りたいスープカレーのカロリーは約540 kcalです。

カレーライスのカロリーは、約800キロカロリーですから、スープカレーがはるかに少ないカロリーだということ知ることとができます。

ただし、スープカレーは、摂取する食材によってカロリー量も変わりますので、ダイエット中に調整しましょう。

ダイエットスープカレーの作り方

ダイエットスープカレーの作り方は、まずナス2本の皮をむき、2センチの輪切りにして水にさらしておきます。
お鍋に油を少々ひき、生姜一片、にんにく一片、タマネギ4分の1個をみじん切りしたものを炒めます。

タマネギがしんなりしたら白ワイン大1と小麦粉大1を加えて混ぜます。
次にお鍋に水4カップとコンソメ1個、カレー粉大2、ウスターソース大1、ケチャップ大1、ガラムマサラ少々、しょうゆ、塩各小1、コショウ適量を加えます。

カボチャ、トマトを大きめに切り、ナスと一緒にお鍋に加え、柔らかくなるまで煮ます。オクラ4本、パプリカ2分の1個を加えてさっと火を通したら、最後にヨーグルト大1、バター、レモンの搾り汁各小1を加えて完成です。
生姜とにんにくは体の血行をよくし、代謝を高める効果があります。
かぼちゃは食物繊維やビタミン類、ミネラルが豊富で、便通の改善や代謝を高める効果があります。
スープカレーなら、ダイエットにぴったりな野菜をたくさん食べることができるでしょう。

ダイエットに最適! カロリー控えめスープカレーの作り方

脂肪分の少ない肉を選ぶ

ダイエット中にスープカレーを楽しみたい場合は、肉の脂肪分に注意する必要があります。

カロリーが急激に上昇するので、脂肪分が多い肉には注意してください。

鶏肉などの低脂肪・高タンパク質の肉をお勧めします。

野菜を炒めない

スープカレーで使う野菜は、通常は、揚げて調理しますが、ダイエット中は避けてください。

野菜を蒸したり、グリルしたりすることで健康的にダイエットできます。

ダイエットや美容に良いスープカレーの効果は何ですか?

脂肪燃焼を促進するクミン

スープカレーは、ダイエットに最適です。

カレーの香りの基本となるクミンには、脂肪を燃焼させる効果があるとされる栄養素が含まれています。

カレーの匂いの源であるクミン

疲労回復を改善する効果があるビタミンB1を含みます。
そのビタミンB1から始めとして、代謝を促進するビタミンB2の代謝を促進します
さらに、クミンは、ビタミンCとEを含み、脂肪燃焼を促進します。

美肌効果も期待できるターメリック

カレーの独特の色を決定するウコンは、美容効果に富んだ栄養が豊富です。
ターメリックには、活性酸素を放出して老化を引き起こす働きがあるといわれているクルクミンが含まれており、若さを保ちやすくなるのが魅力です。

スープカレーでダイエット!

DIETカテゴリの最新記事