早朝ウォーキング

早朝ウォーキング
Pocket

早朝ウォーキングの注意点

一日で一番気持ちのいいのはやはり朝でしょう。
早朝にウォーキングを行うのはたのしみのひとつという人も多いかも知れません。
早朝ウォーキングで注意しなければならないことがあります。
それは睡眠から覚めてすぐに運動を始めると心臓に負担が大きいということです。
起床後1時間ぐらいしてからウォーキングを始めることを心がけてください。

ウォーキング前のストレッチ

また、ウォーキング前のストレッチといったものも可能な限り行うようにしましょう。
冬の寒い朝であれば、特に大事なことになります。

安静時の心拍数

朝起きてからの調子を測る目安として、安静時の心拍数があります。
一般的な人で60から80ぐらいだと言われています。
日ごろから心拍数を測るようにしておきましょう。
その日の心拍数に異常があればウォーキングは休みにするようにすべきです。

空腹でのウォーキング

次に大事なことは空腹のままでウォーキングをしないということです。
朝起きてすぐは当然何も食べていませんから、血糖値は低下しています。
その状況でウォーキングを行えば、エネルギーを作ることができませんから、めまいを感じたり、ひどいときには不整脈になったりすることもあるようです。
たくさん食べる必要はありませんが、消化のよいバナナやヨーグルト、スポーツドリンクといった糖分を取ることを心がけてください。
また、睡眠中には予想以上の水分が失われていますから、水分の補給もこまめに行わなければなりません。
逆に朝食をとってからウォーキングを行うことも、消化のために血液が必要ですから、お勧めできません。

DIETカテゴリの最新記事