「おからクッキー」の効果

「おからクッキー」の効果
Pocket

「おから」とは

「おから」は、大豆から豆乳を搾り出して、残った“かす”です。

しかし、おからには、豆乳にはない優れた働きをもっています。

「食物繊維」による働き

それは、「食物繊維」による働きです。食物繊維は、食べ物を膨張させて、満足感を与えます。
また、血糖値が急激に上昇するのを防ぐ効果もあります。

「インスリン」とは

糖分を摂ると、体は糖分を分解して、エネルギーに変えていきます。
ここで働くのが「インスリン」です。
大量の糖分が一度に体内に入って、血糖値が急激に上がると、体は大量のインスリンを慌てて分泌しますが、追いつかずに分解できなかった糖分は、脂肪となって体内に貯蔵されてしまいます。
しかも、血液中にも残り、中性脂肪を増やすことになります。

ところが、食物繊維と一緒に摂った場合は、糖分が吸収されるのを遅らせることができ、血糖値の上昇も遅くなります。
そして、インスリンもゆっくりと分泌するようになり、脂肪増加を抑制できるというわけです。
また、食物繊維には、大腸の善玉菌を増やして、毒素を排出させる作用もあります。

イソフラボンの効果

また、おからには、大豆に由来するタンパク質が、半分以上残っています。そのため、イソフラボンの効果も期待することができます。低カロリーで、肥満を防止する効果もバツグンです。

おすすめなのが「おからクッキー」

こんなに優れた効果のあるおからですが、食べ方のバリエーションがあまりなくて、毎日食べるのは難しいようです。
そこで、おすすめなのが「おからクッキー」です。おからが苦手な人でも、食べやすいので、誰でも続けられます。

DIETカテゴリの最新記事