ダイエット中にやってはいけない5つのポイント!

ダイエット中にやってはいけない5つのポイント!
Pocket

ダイエットで体重を減らしたい!っていう女の子は数多いはず

真剣にダイエットして体重を減らすことができたら….

「理想的なスリムな身体を作りたい」
“ファッションモデルが着ているような素敵な衣装を着たい。”

とういうように、希望が広がります!

あなたがしっかりとスリムな身体を保つなら、スリムになるのは難しくありません

ダイエットは、食べ物をたくさん食べずに、あなたができる限り良い運動をすれば、ダイエットは実現します。

したがって、ダイエットは困難ではありません。 誰もがダイエットで痩せることができるのです。

しかし、間違ったダイエットをしているときには、逆効果になるケースがあります。

だから、ダイエット中にあなたがすべきでない5つのことを紹介していきます。

私たちが毎日やっていることは、ダイエットと健康には良いことではありませんでした!

そんなことはよくあるんです。

女性専用フィットネスクラブ【フォルツァフィットネススタジオGRAN】

朝食を食べない

ダイエットでカロリー消費を控えるために朝食を食べないことを考えている人もいますが、これは絶対に良くありません! !

朝食を食べずに昼食と夕飯の1日2食を食べるようにすると、昼食と夕食の間隔が空いてしまって、体内時計が狂ってしまって、消化が悪化し、代謝が低下してしまうことによって脂肪を取りこみやすくなります。

朝食をしっかりと食べることで体温を上げることによって消費カロリーエネルギー効率が向上しますので、朝食をしっかり食べるようにしましょう

有酸素運動をやりすぎる

エクササイズは、摂食に比べると健康ですが、やりすぎは健康にも悪い影響があります。

有酸素運動を20分間行うと、脂肪組織が燃焼していきます。

しかし、脂肪組織燃焼と共にタンパク質も分解されるのです。 90分後、タンパク質のみが分解され失われていきます。

筋肉を構成するたんぱく質がなくなるのであれば、当然、筋肉が減少し、基礎代謝も下がり、?せにくい体になります。

水分補給しない

生活に不可欠なのが水分です。

水分量が不足すると、抗利尿ホルモンが分泌され、水分が体外に出ないようになります。

抗利尿ホルモンが働くと、体内の水分が体内に蓄積され、むくみが発生します。

体に水分がなくなる前に水分補給しなと、逆にむくみが起こるのです!

また、体が水分不足になると、血液がドロドロになり、脂肪組織が燃焼しにくくなります。

これが真夏の場合、熱中症になります。

こまめにグラス一杯の水を飲み込むことをお勧めします。

最新型クビンスホールスロージューサー

アルコールを飲む

アルコール飲料はエンプティカロリーと言われており、基本的にアルコール分解にカロリーを必要とするために太ることはないと言われています。

エンプティカロリーは、飲酒中に体温に変換されると考えられ、体内にため込まれるカロリーはありません。

しかし、飲む酒類と一緒に味の濃いものや脂っこいものを食べますよね?

脂肪は、アルコール摂取時に大量の皿の料理を一緒に食べることで、大量に取り込まれますがアルコールの効果によって脂肪分解を悪化させるので、お腹周り等の体に蓄積します。

ビールを飲むときは、あまり飲んではいけません。ダイエット効果のある軽食やお豆腐を食べましょう。

睡眠時間を減らす

睡眠時間が短縮されると、健康に悪影響を及ぼすことは明らかですが、ダイエットにも悪影響があります。

一晩で睡眠時に消費されるカロリーは、約300kcalである言われています。

したがって、睡眠が十分でない状態では、消費されるはずのカロリーは消費されず、太りやすい体質になります。

さらに、十分な睡眠がなければ、心を制御することは難しく、食べ物等の誘惑に対して弱くなります。

ある研究では、十分な睡眠がなければ、翌日には385 kcalを食べてしまうというデータがあるようです。

今回紹介したNGの行為をしないように意識してください、適切なダイエットをしてください。

美容意識の高い女の子は、さらに美味しくなりたいと思う傾向があります。十分に素晴らしいボディーを持っていても、ダイエットは続けたいと思う傾向があります。

しかし、たとえダイエットをしていても、NG行為に気を付けなければ「実りあるダイエットでしたが、それは逆効果でした!」とあなたのダイエットでの苦労は無駄になります。

私たちが、今回紹介したことを認識しながら食事をすることによって、効果的なダイエットでより減量につながります。

エアツリーマットレス

皆さん、良いダイエットを!

DIETカテゴリの最新記事