美しいスタイルのためのヒップアップエクササイズ

美しいスタイルのためのヒップアップエクササイズ
Pocket

美しいスタイルを維持

ヒップアップは、美しいスタイルを維持するために不可欠な要素です。
あなたのお尻が、かっこよく上っているならファッショナブルでシンプルなジーンズを着ることができるでしょう。

ヒップアップのために様々なトレーニングを行っている人が多いのはそのためです。
「私にはあまり効果がありませんでした…」と言って、失望する人もいるかもしれません。

皆さんにお勧めしたいのは、毎日の通勤、通学、および短い旅行時間を効果的に利用するボディメイクアップ技術です。
今回は、電車の中での「待ち時間」を生かした簡単な運動を紹介します。

◆お尻を引き締める!

まず第一に、お尻をキュッと上げるのに効果的であるエクササイズからご紹介します。
お尻の位置が上がると、お尻と太ももの境界がより鮮明になり、足の長さと脚痩せ効果が得られて一石二鳥です。

1.ストラップ・つり革を持って体を安定させます。

2.息を吸って背中を伸ばし、息を吐きながら右足を少し後ろに伸ばして10秒間保ちます。

※右膝を伸ばした状態で、床から足を軽く浮かせた状態を保ちます。

3.息を吸って右足を元の位置に戻し、反対側も同様にします。

「もう少しエクササイズの強度を上げたい」場合は、浮かせている足にわずかな持ち上げと下げの動きを追加することをお勧めします。

大臀筋は、お尻の表面を覆う大きな筋肉です。
大殿筋は、股関節を動かす筋肉であり、基部から足を動かすことによって訓練することができます。

大殿筋がシェイプアップされているとき、お尻全体が持ち上げられているように見えます。

◆内ももの脂肪もシェイプアップ!

それでは、太ももの内側のエクササイズ法。

太っている人だけでなく、椅子に座っているときにも、「知らないうちに足を開いている」人は、左右の太ももを引くときに使用される内ももの筋肉、「内転筋群」が弱っているかもしれません。
しっかりと鍛えて、隙間のあるシェイプアップされた内ももを作りましょう。

1.ストラップ・つり革を持って体を安定させます。

2.足を所定の位置に置いたら、臀部から力を入れるように、太ももを10秒間ギューギューと近づけます。

※イメージは、内ももと内ももの間にクッションがあるようなものです。

適当な範囲内で締め付けたり緩めたりしてみてください。
余裕がある場合は、足を交差させて太ももを動かして強度を高めます。

階段を上る

普段気軽に使うエスカレーターを避け、階段を上りましょう!
あなたがどんなに疲れていても、これから10日間は階段を選んでください。
階段を上るという行動は、ヒップアップに非常に効果的です。

1日30回スクワット×2セット

やはり、あなたのお尻に直接働くスクワットを取り入れて欲しいです。
なるべくゆっくりと座って筋肉に効かせていきましょう。

目的を明確にした後で、エクササイズに取り組まなければ、筋肉トレーニングは無意味です。
「とりあえず、お尻の臀部周辺の筋肉を鍛えておけばよい」というスタンスで筋肉トレーニングをしても、期待通りの効果は得られません。

SPORTSカテゴリの最新記事