ヘルシー食材!おからのダイエットスープ

ヘルシー食材!おからのダイエットスープ
Pocket

女性にお勧め!おからのダイエットスープ

綺麗になりたい女性にお勧めのダイエットスープはおからのスープです。
おからは栄養価が高くて満腹感が得られやすいため、ダイエット食品としてもよく取り上げられる食材です。

「おから」と「卯の花」は同じですか?

多くの人がすでに知っていると思いますが、豆乳は絞り込まれて粉砕された「大豆」です。
豆腐は、豆乳に「にがり」を加えて固めたものです。
そして、豆腐を絞った後に残るのは「おから」です。
おからは「卯の花」とも呼ばれます。

「おから」を上手に使ってみよう!

生おから

豆乳を絞った後は、しっとりとして、これを「生おから」といいます。
生のおからは、あまり長持ちしませんので、できるだけ買った日に食べましょう。
豆腐屋でたくさんのおからが、捨てられている理由のひとつは、保存期間が短いことです。
生のおからは、煮物に使われます。

乾燥おから

「生のおからが食べ切れない場合は、捨てしかないのですか?」
食品ロスを避けるため一つ目の方法は、「乾燥おから」を作ることです。

「乾燥おから」の作り方は簡単です。

「乾燥おから」を作るためには、フライパンでは、弱火でゆっくり乾煎りしてください。
このとき、油を使うのは、NGです!
「今日、乾煎りしている時間がない」という場合には、すぐに冷凍庫にしまってっください。
冷凍庫なら、約一ヶ月間節約することが可能です。
実際には、すでに乾燥されている「乾燥おから」もありますので、これを入手するのが良いかもしれません。
乾燥したおからを水に加えると、再び膨潤して新鮮なおからに戻るので、煮物やお菓子に必要なだけ使うことができます。

おからパウダー(おからパウダー)

乾燥したおからをフードプロセッサーやふるいにかけ、細かく細かく刻んで粉にしたものが「おからパウダー」です。
ケーキやクッキーなどの生地を滑らかにしたい場合は、「おからパウダー」をヨーグルトなどに振りかけて使用しましょう。

おからで、ダイエットできる理由は何ですか?

大豆由来のタンパク質は、体内で作ることができない必須アミノ酸が豊富で、内臓脂肪や中性脂肪を減らす効果があります。
また、おからにはアディポネクチン(やせホルモン)を増やすβ-コングリシンが含まれています。
言い換えれば、おからの栄養素で、内臓脂肪が減少し、やせホルモンが増加します。
おからは、体重を減らしたい人のための強力なお助けダイエットフードです。

おからダイエット

おからダイエットでは毎日おからを食べ続けることが大切ですが、毎日おから料理をつくることは大変なことです。
そこでそんな人には簡単に作れるおからのダイエットスープがお勧めです。スープなら食事に添える汁物として気軽に作れます。

おからスープの基本的な作り方

また、おからは水分と一緒に摂るとより満腹感を得られやすいため、おからスープを食べることはダイエット効果的をいっそう高める方法なのです。
おからスープの基本的な作り方は、まず炒ったおからにだし汁を加え、次に塩を加えて煮立たせます。
煮立ったら水溶き片栗粉でとろみをつけます。

好みの野菜や豆腐などの具を入れるとボリュームがアップします。ただしカロリーの高い食材は控えましょう。
おからは、スープの中でダマになりやすく、喉にひっかかりやすい食材です。喉ごしをよくするためには、最初におからをからいりし、最後にスープ全体に片栗粉でとろみをつけるとよいでしょう。

料理に合わせて中華風や洋風などに味付けを変えれば、メイン料理の立派な引き立て役になります。
塩を入れずに味噌を溶かせばおから味噌汁になります。

最近ではレトルトのおからスープも市販されているため、忙しい人や手を抜きたい日には利用してもよいでしょう。
簡単で効果的なおからスープを毎日の食事に取り入れて、健康的にダイエットしましょう。

DIETカテゴリの最新記事