ダイエット中でも食べたい「お寿司」!太らない「お寿司」の食べ方とは

ダイエット中でも食べたい「お寿司」!太らない「お寿司」の食べ方とは
Pocket

誰もがお寿司を愛しています。

ダイエットでも食べたい!

と考える時間がかなりあります。

日本人が愛するソウルフード、お寿司。

日本が世界中で誇っている魂の食べ物といえば、 “SUSHI” 寿司!

お寿司は魚中心なので、ダイエット中でも大丈夫だと思っていました…
でも、お寿司は驚くほどカロリーが高いのです。

人気のある寿司ですが、今では気軽に食べることができます。
回らない寿司屋では、時価計算なので、お会計がいくらになるのかビクビクしなければいけませんでした。
回転寿司など健康的なイメージの寿司ですが、高カロリーの内容のあるネタも多いのです。

寿司1感カンの「寿司米」の量は約20gです。
そして、お寿司1カンあたりの「寿司米」のカロリーは32kcalです

これは参考になります!

楽天市場

みんなのダイエット中でも “寿司”を食べる方法!

寿司を食べる前に…まずは味噌汁を飲みます。

寿司は白米ですので、急激な血糖値の上昇が心配です。

白米だけでは血糖値が、跳ね上がりますが、お寿司は酢飯になっているので安全ですが、血糖値をもっと穏やかにする「味噌汁」を先に飲んでおきましょう。

お寿司を食べる前にあなたの胃を膨らませるようにしておけば、あなたは食べ過ぎることはありません

あなたが、ダイエット中でも食べたくなるネタもあります!

それが、DHAとEPAの豊富な魚です。

良いアブラは “オメガ3系のアブラ”です。
赤い魚や青い魚にたくさん含まれる「DHA・EPA」のことです。

ダイエット中には、サンマ、さば、またはいわしのような生のさかなを食べるべきです。

青い魚に含まれるEPAとDHAは体内の代謝を改善します。

佐藤製薬のEPA&DHAが今なら定期初月は特別価格1,000円!
美健知箋EPA&DHA

一日の必要量は、手作りの寿司を2個ほどです。

低カロリー、高タンパク質の白身魚

脂っこい魚の後には、新鮮な白身魚がお勧め

白身魚と赤身魚の違いは、筋肉に含まれる血液色素タンパク質・ヘモグロビンと筋色素タンパク質・ミオグロビンの量です。

ミネラル、タウリンの豊富な貝

貝の良さは味があり、栄養価が豊富なことです。

貝類の良さは、良質なタンパク質の宝物に加えて、それは疲労から回復する力を発揮するタウリンをたくさん含み、ビタミンA・Eおよびミネラルに恵まれていることです。

ダイエット中でもマヨネーズたっぷりのお寿司を是非食べたいですね…そのようなときにはサーモン!

タマネギスライスをたっぷり乗せた「サーモンマヨネーズ」

最近では、糖質を制限するための寿司があります!

「くら寿司」は、シャリやラーメンの麺をカットしたメニューを発表

くら寿司の糖質オフシリーズを「寿司のシャリを食べる派」が食べてみた結果→「麺ラーメン」はあり! スーパーあり!

しかし、10貫までを目安に食べ過ぎには注意を払うことをルールとしてね!

寿司のネタをバランスよく選ぶなら、心配になるのはお寿司の量です。

食事ごとに寿司を食べれば、目安になるのは、10貫未満になるでしょう。

注意深く考えると、10個の皿は20貫です。

寿司パックは約10貫ではないですか? そう考えると約5皿ほどが目安ではないでしょうか。

あなたがお寿司をうまく食べれば、寿司がダイエットの邪魔になるのを恐れることはありません!

今では、街中ではおいしい寿司の店が並んでいて、すべての店が味だけでなく、ユニークなメニューとおもてなしで私たちを満たしています。

季節のネタを味わって食事をしましょう。

時々に食べる寿司は、量を意識しながらもしっかりと楽しんでも大丈夫です。

DIETカテゴリの最新記事