ウォーキングの効果

ウォーキングの効果
Pocket

骨がその負担に耐えられる

人間の体というものはうまくできているものです。
ウォーキングをやることで骨に負担がかかるのですが、それを続けていると骨がその負担に耐えられるように強くなっていくことが医学的にも証明されているのです。
寝たきりになってしまうと立ち上がることが難しくなるということの逆なのです。

骨に与える適度な刺激

ウォーキングによって体の各部分に適度な刺激をあたえることができるのです。
骨を丈夫にするためにサプリメントなどを飲んでいる人もいるかも知れません。
しかし、それだけでは骨は丈夫にならないのです。
サプリメントに含まれるカルシウムと骨に与える適度な刺激の相互作用によって骨が丈夫になるのです。

ウォーキングが体に与える刺激

ウォーキングが体に与える刺激は全身に行き渡りますから、体全体が刺激に反応して健康になるという仕組みです。
もちろん、刺激が適度の範囲を超えてしまうとひざの痛みや腰痛を招いてしまいますので、自分で加減をしなければなりません。
そのためには、ウォーキングを行う前にその日の体調や疲れ具合といったものを、客観的に判断しましょう。
体調によってはその日のウォーキングを取りやめることも考えなければなりません。

楽しく爽快なウォーキング

楽しく爽快にウォーキングができるという状態を作ることが大事なのです。
また、骨を作るのはビタミンDが必要ですが、日差しを浴びることでこのビタミンDが体内でつくられます。
ウォーキングを屋外で行うということの効果はこのようなところにも表れてくるのです。
適度な日差しのもとで楽しくウォーキングを行いましょう。

DIETカテゴリの最新記事