あなたは大丈夫?無意識の「太る習慣」

あなたは大丈夫?無意識の「太る習慣」
Pocket

無意識に行っている「太る習慣」

自分の体型を気にする人でも、気を抜くと知らないうちに太ってしまう人がたくさんいます。
そんな人が、気を付けるべきは、無意識に行っている「太る習慣」です。

なんだ? いつの間にかこんな体重に!?

たとえあなたが、理想的な姿になりたくて気を付けていても、あなたが油断するとすぐに太るでしょう。

自分では、太っているとは思わなくても、太っていることってありますよね。
特に食べ過ぎたわけでもないのに、体重が増えているのに気づいたときは…「手遅れ」と言われています。

太ってしまうと、多くの人が「手遅れ」だと思うようですが、特に一気に太ったわけではありません。

「太る習慣」は、脂肪のことを知らないことが、太る理由に関連しています。

「太る」という現象には、皆さんに共通の「ありふれた習慣」があります。 この「太るト習慣」が根付くと、体重が落ちにくい状態が続いていくことになります。

客観的にもう一度自分自身を見ることによって、あなたがあなたの中に潜んでいる「太る習慣」を認識してください

では、間違いなく「太る習慣」を紹介しましょう!

早食い

急いで食べる人は、太りすぎになりやすいといえます。
特に、現代人はとても忙しいので、食事に時間をかけることなく「早く食べる」人が多いのです。

すぐに食べると消化管にも負担がかかり、消化が悪くなり肥満になる原因になります。

たとえあなたが、この「早く食べる食事の習慣」さえも治すことができたとしたら、それはダイエットに勝ったのと同じと言って良いでしょう。

食事を抜くことがある

単純に考えると「食事をしない」ことは、ダイエットに悪影響を与えることはないようですが、時折食事を抜くのはダイエットにとっては、悪い習慣です。
食事を抜くことによって、いつもよりもいっそう強く空腹を感じます。

特に、朝食なしで夕食を食べている人は、食事が夜遅くなるにつれて栄養吸収が増えるため、太りやすくなります。

ストレス発散のための食事

ストレスが蓄積したときに甘いものを食べることによって、ストレス解消する多くの人々がいるはずです。
おなかがすいたときにイライラするのは当たり前のことですが、胃をいっぱいにすることで感情が落ち着く人もいます。

食べ過ぎたり飲み過ぎたりする習慣を持っている人の約75%は、ストレスが蓄積し続けるために発散するときにはあまりにも多く食べてしまいます。

太らないわけが、ありません。

もったいないと食べてしまう

お腹がいっぱいですが、もったいないからと無理してでも食べてしまうことは、日本人だと良くあります。
少しぐらいならと、すでに胃がいっぱいなのに、つい食べてしまうならばそれは危険です。

もったいないからとすべてを食べるだけでなく、多く調理しないように注意する必要もあります!

腹八分目を維持することは、スマートな体型を維持するためには必要なことです。
あなたが、太らないようにするために、腹八分は必要です。

夜更かし

現代人の多くは夜遅くまで起きています。
睡眠不足は、あなたの体型に大きな影響を与えます。
夜更かしして、テレビを見ていたり、インターネットをして、今日も睡眠不足! そのような人は、ダイエットのうえでは、注意が必要です。

睡眠不足になると、食欲を調節するホルモンが分泌異常を引き起こして、食べたいという気持ちが高まるようです。

常夜灯を点けて睡眠する

寝ているときにミニランプで寝ている人が多くいませんか。
あなたが眠っているときに豆電球の照明をつけている場合、それは肥満を引き起こす原因となるでしょう

目から光が入ってくると、よく眠ることができます。

あなたがよく眠れない場合は、脂肪を分解する成長ホルモンが分泌されにくくなり、代謝も低下していつの間にか太ってしまうというわけです。

「太る習慣」を修正

あなたが無意識のうちに、行っていた「太る習慣」を修正しましょう。

あなたが今まで知らずに行っていた「太る習慣」のせいで、なかなか体重を減らせなかった人がたくさんいます。
あなたは「太る習慣」を修正することによって、簡単に体重を減らすことができるかもしれません。

無意識に行っていた「太る習慣」を直して理想の体型に近づきましょう。

LIFEカテゴリの最新記事