ウォーキングの医学的効果と心臓

ウォーキングの医学的効果と心臓
Pocket

ウォーキングの医学的な効果

それでは、ウォーキングの医学的効果を紹介しましょう。
ウォーキングの健康上の利点は多種多様です。
したがって、人が歩くことの目的はさまざまです。
多くのひとは、健康のために歩くように心掛けてています。
有酸素運動の代表的な運動としてウォーキングが挙げられ、体脂肪の燃焼、身体の改善、生活習慣病の予防に効果的な運動です。

ウォーキングの効果

定期的なウォーキングは、体に多くの良い効果をもたらします。

心肺機能強化

歩行習慣のある人は、心血管疾患のリスクが低いことがわかっています。

骨強化

カルシウムは、適度な運動刺激によって吸収されます。
太陽の下でのウォーキングでは、ビタミンDはカルシウムの吸収を助けるために体内で生成されます。

肥満の解消

体脂肪は、エネルギー源として使用されるため、ウォーキングなどの有酸素運動は体脂肪の減少につながります。

脂質異常症および動脈硬化症の改善

ウォーキングは、血液中の中性脂肪を分解する酵素を活性化すると言われています。

高血圧の改善

ウォーキングは、タウリンやプロスタグランディンEなどの血中の血圧を下げる物質を増加させます。

ウォーキングは、体全体の血流を改善する有酸素運動です。
血液は、心臓から汲み出されていますが、足は常に低い位置にあるため、日常生活では、つま先から心臓への血流は最も遅くなります。
だから、足のふくらはぎが、むくんだり、下半身の血行が悪化します。

ウォーキング時の血液の流れ

ウォーキングを行っている時の血液の流れはどうでしょうか。
足の筋肉を動かすことで、足から心臓へ向かう血流を押し出す効果が見られます。
したがって、足のむくみの防止や血行促進といったことに大きな効果がでるのです。
長い間立ち仕事をした後は足の曲げ伸ばしといった、足の筋肉を使う運動をするとよいのです。
ウォーキングではそのことを常時行っていることになります。
心臓への血液の戻りがスムーズになるということは心臓そのものの負担も減ることになります。
また、他の部分への血流も促進されます。
ウォーキングは、体全体によい効果をもたらすのです。

ですから、ウォーキングを行うのであれば、ある程度の時間をかけることで効果アップが期待できます。

脂肪の燃焼

また、体内の脂肪の燃焼も高められます。
気をつけなければならないことは、水分補給です。
血行が良くなり、脂肪が燃焼されるということは水分も消費されています。
汗となって体内から放出されているのです。
適度な水分補給を心がけてください。
また、無理をせず、自分のペースでウォーキングを行ってください。
くたびれたと感じたならば休憩をとって下さい。

DIETカテゴリの最新記事