ウォーキングと脳

ウォーキングと脳
Pocket

ウォーキングの効能

ウォーキングの効能として健康になるということの他に、重要な効能があります。
それは脳の働きが良くなるということです。
全身の血行が良くなるのですから、良い方向に働くということは予想できますが、ウォーキング特有のものとして周囲の景色が変わっていくということがあります。
景色を眺めながら、自然を感じながら運動するということに大きな意義があるのでしょう。

中高年の認知症予防

ウォーキングを行うことで、中高年の認知症予防にもなるとも言われています。
運動しながら宿題を暗記するといったことで、脳を活性化できるのです。
何かを暗記使用するときには、椅子に座って行うよりも運動をしながら暗記するほうことで効果が高められるという研究結果もあるようです。
ウォーキングを行って、脳もリフレッシュされるということでしょう。

血液や酸素の補給

脳を働かせるためにはかなりのエネルギーを必要としています。
そのためには長時間の血液や酸素の補給が必要になるのです。
有酸素運動を習慣づけた人ならば、代謝能力が高められているわけですから、そのようなエネルギーの補給力は高いと言えるのです。
もちろん、このような脳の活性化はウォーキングだけということではありません。

季節を感じながら運動

しかし、ウォーキングを行う場合には、周りの景色を見ながら行うという気持ちは持ちたいものです。
そのような気持ちでいれば、自然と視線が前に向きますから姿勢もよくなるのです。
下を向いていては景色を見ることもできません。
自然の中で季節を感じながら運動するということを楽しんでください。

DIETカテゴリの最新記事