ウォーキングの姿勢

ウォーキングの姿勢
Pocket

人間にとって歩くということは生まれてからずっとやってきたことなのですが、正しい姿勢で歩いている人というのは意外と少ないらしいです。
よくいう猫背だったり、右左に偏ったり、ガニ股などですね。
ウォーキングをやるからには正しい姿勢というものがあります。
正しい姿勢を保つことで、全身の運動機能を高めることができますし、疲れにくいという効果も期待できます。

頭をまっすぐ前に向けて、視線は前方に向けます。
もちろん、道路を歩きますから、左右の確認といったことは必要です。
まっすぐに前を向いたまま歩くということではなく、常識程度に視線を前に向けるということでよいでしょう。
悪いのは下の地面を見ながら歩くとか、頭を振りながら歩くということでしょう。
上半身についても同じようなことが言えます。
肩の力を抜いて、背筋を伸ばして歩きましょう。
必要以上に背筋を伸ばすことはありません。
無理のない姿勢で、足の動きに合わせてリズムを取るような感じですね。
これも悪い姿勢というものを思い浮かべるとよいでしょう。
猫背でポケットに手を突っ込んで歩くということがウォーキングに合っていないことは誰でもわかるでしょうから、その逆の姿勢と考えましょう。
ただし、こわばったように力を入れてはいけません。
リラックスということが基本です。
腕は、足の動きに合わせて、リズムよく振りましょう。
腕だけはいかにもウォーキングといった感じで少し大袈裟に振らなければなりません。

DIETカテゴリの最新記事