冬のウォーキング

冬のウォーキング
Pocket

寒さ対策

冬のウォーキングでの注意事項を考えてみましょう。
寒さ対策を必ず考えておかなければなりません。
体調の管理も大事ですが、朝晩の道路状態にも注意が必要です。
凍結などで滑ることのないようにしなければなりません。

血液の循環が悪い

冬場の体調として考えなければならないことは、血液の循環が悪くなっているということです。
手足の動きが鈍くなりますから、転倒などでけがをすることのないようにしましょう。
手袋や帽子、耳あてといった防寒用小物を利用して体温を逃がさないように工夫してください。

手袋は必需品

手袋は必ず付けてください。
ポケットに手を入れてウォーキングというのは非常に危険です。
また、当然姿勢が悪くなりますから、ウォーキングの目的から大きく逸脱していると言えるでしょう。
ウォーキングでは腕を大きく振るという動作が大事ですから、手袋は必需品と言えます。
手袋をすることで手先から熱が逃げることを防げますから、セーター一枚分ぐらいの保温効果が期待できると言われています。
また、万一転んだ時に手をついてしまいますからそのためのけが防止の役割もあるのです。

帽子も必要

それから、帽子も必要でしょう。
頭は冷たい風を正面から受けますので、帽子のありなしによる保温効果の差はかなり大きいと言えます。
保温性の高いウールや毛糸記事のものがいいでしょう。
耳も隠れるようなタイプもお薦めです。
風が吹いても取れにくいものがいいかも知れません。
その日の状況によって変えられるように、そろえておくのも楽しいのではないでしょうか。

DIETカテゴリの最新記事